*ただいまの薬草ハーブ温泉浴*

夏の疲れを癒しながら身体を芯から温めるハーブ&薬草バスをご用意しております。
涼しい秋のハジマリにぴったりな心地よいブレンドで配合しました。
全身の血行を良くして代謝促進、皮脂や老廃物も取り除きます。
身体の緊張を緩めながら、スキンケアを楽しんでいただけたら嬉しいです。
やわらかな心安らぐ時間と ふわりと感じる大きな自然の恵みをお贈りいたします。

薬草とハーブの力で
みなさまのわんちゃんのココロとカラダが幸せに満たされますように。

当店では天然素材にこだわり健康でイキイキしたハーブ作りを心がけ
たくさんの薬草ハーブを自分たちで育てています→こちら☆(画像追加しています^^)



このごろだより。vo.2

 

 



oо○*○оo。...。oо○*oо○*○оo。...。oо○*oо○*○оo。...。oо○*

我が家の宝物作りをスタートしました。
さおちんの日常を綴る「このごろだより。」

一緒に生きた幸せな日々の想い出を
大切な宝物として残していけたらいいなと思っています。

oо○*○оo。...。oо○*oо○*○оo。...。oо○*oо○*○оo。...。oо○*
*この日記は、いちばん下側から始まっています*

犬「このごろ便り 1」は こちらから。

犬「このごろ便り 3」は こちらから

 

 


10月2日(月)

ムーミンとすやすや。のさおちん。
IMG_8601.jpg
そろそろ、2階の寝室に行こうね、とお話すると
ぱちっとおめめを開けて りょーかいッ☆のお顔。
IMG_8602.jpg
2階の寝室は、私のベッドのすぐ横に さおちんの介護スペースを作っていて
猫のゆっさんは、好きな所でうろうろしています。
IMG_8618.jpg
「ゆっさんは、さおのみまもりたいちょうなのら。」

さおちんが、明け方に ゴホッと咳をすると
IMG_8612.jpg

「ン?」と気づき パッと起きて


「さお。ダイジョーブ?」と様子を見に行ってくれます。
IMG_8611.jpg

「さおは、としよりだけど ゆっさんの いもうとなのらもの。だいじなのらもの。」
IMG_8614.jpg
もうすぐ さおちんと家族になって丸3年だもんね。

【本日のさおちん:流動食率90% 自力ごはん10%】


10月1日(日)

流動食率 95% クマッキーで自力ごはん(と、いうかオヤツ)5%

さおちん。ずいぶん後ろ足がしっかりしてきました!
もじもじしながらも、絡まる後足を懸命に動かして
勢いと弾みをつけながら自分の力だけで立てるようになってきました。

その瞬間を写真に撮れたらよかったのだけど、ダメな飼い主は、ただただびっくりして
ただただ嬉しくて「さおちんっ。すごいすごいー!」と大喜びで、
さおの頑張る姿をずっと見てました。写真撮るとか、全く思い浮かばず。笑
その後も、何度も自力で立つ姿を見せてくれて、でもその都度「さおちん、すごいねえっ」と
ただ喜んで、写真忘れる。という…。 

いつかはその瞬間を動画で撮るぞ。と意気込む飼い主です。

IMG_8551.jpg
朝のリハビリ歩行後&お灸&マッサージの後、
お気に入りのクロワッサンの上でごろんのさおちん。
IMG_8552.jpg
かわいいのぅ〜〜

「もおー。かいぬしは、じっとみすぎなのら。」
IMG_8550.jpg
本当に不思議なのだけど
寝ているさおちんを見ているだけで 極上の幸せに包まれる上に 全く全然飽きない。
むしろ、呼吸の数を数えながら ずぅっと見ていたくなります。

10月に入り、さおちんの状態が少し安定してきたので
これからまたさおちんの脳血管障害について
詳しく調べたり 勉強する時間が作れそうです。

 

2017年9月30日(土)
 

 

朝とお昼と3時頃と6時頃と8時ごろ。

日中は仕事をしながらだから時間が短いけれど、

お店の中と入口を行ったり来たりしながら

できるだけ体をまっすぐにして関節をうまく使えるように

歩行のリハビリをしています。

ほぼ寝ていることが多いので、

このリハビリタイムは

積極的にチッコのタイミングを作る意味合いもあります。

終わったら、食器台の前に立たせて水分補給もこまめに。

それから流動食を食べてもらって、だいすきなおやつを食べて 

おふとんでころん。

 

「りはびりすると かいぬしが やたらと よろこぶからさあ」

 

「さおは しかたなしに つきあってやってるのだ。」

「なかなか せわのやける かいぬしなのだ。」

ふふ。さおちん。あすの10月からもよろしくね。


2017年9月29日(金)

まだまだ自分の力だけで立ち上がるには難しいさおちんの夜活は
もっぱら「立ちたい〜、立たせて〜」と横になったままの姿勢で
ジタバタしての微妙な距離で場所移動。
昨夜は深夜から明け方の間に4回、さお姫からの要望に
「そっか、そっかぁ♪はいはい。」と
眠い目をこすって せっせと応える飼い主。
美味しそうにお水をぴちゃぴちゃ飲んで、
ひととおりくるくるを楽しんでまた眠るという感じ。


眠ってる姿も、可愛いのぅ。さおちん。
IMG_8461.jpg
今、使ってる介助ハーネスがとても良くて、
たっちの姿勢がとりやすくて すっごく助かっています。

これは、今日のお昼のさおちん。
IMG_8504.jpg
リハビリ後、ほっこりしたさおちんは、にやにやしながら

しばし宇宙と交信中です。

動画だけど静止画のさおちんです。

高齢犬は、本当に味わい深いな…

*:..。o○☆*:..。o○☆

今日の食欲はやっぱりいまいちで、いよいよやるか!と気合を入れて
昨日用意しておいた流動食を試してみました。
そしたら…なんと。初回から上手くごくごく飲んでるッ!

2回目以降は、顎下の保定の時に怒るけれど それでもきちんと飲めました。
今日は、ドレッシング容器に半分の量を飲んでもらうことが出来ました。
規定量には、まだまだ追い付かないけれど
さおちん。少しずつ 少しずつね。

「さおね、おりこうさんだから じょうずに ごっくん。できたのだ。」
IMG_8506.jpg

「かいぬしも うれし〜い?」
IMG_8505.jpg
うんうん。うれしい うれしいよ。
さおちん。明日もまた ガンバロウね。

2017年9月28日(木)

 

本日は、さおちんの通院日。車でびゅーんと行きます。

あの発作から ずいぶんマシにはなったものの

どうやっても普段から身体が重心が右に傾いてしまうさおちんなので、
車の進行方向と反対向きに座ってもらいます。
「はぁ〜〜。よっこらしょ」
IMG_8443.jpg

「ほほほ、らくちん らくちん」
IMG_8444.jpg
いつもおうちの中でも支えのクッションをお尻の下に敷くと 
収まりがいいのか位置が安定するさおちんです^^

今日は、3ヵ月ぶりの血液検査の日。
外注の検査機関で行なってもらう ちょっと詳しい検査をしていただきました。
結果は、また1週間後。

「さお…うしろあしから ち。とられてしもうた…、なんと採血管2ほんぶん。」
IMG_8447.jpg
「ちくん。と して ちょっと いたかったんじゃけど がんばった。」

…体重が 6.98圓泙罵遒舛討靴泙辰討い董7月末のV時回復7.58圓ら急転落。
9月16日に左半身の麻痺が起こってから、いろいろ工夫はするものの
食欲が出なくて みるみる痩せてしまいました。
血圧は、4回測ってもらって平均 上が120 下が80〜90と良好はなまる。
まだ検査結果も出てないくせに腎機能低下からくる高血圧を心配している私を見て、
先生が検査してくれました。

「きょうは、かぜが びゅうびゅうじゃったねえ。さおのあたまも ぼわんぼわんじゃ。」
IMG_8451.jpg

「体重の減りが このままでは、ちょっとマズいで
そろそろシリンジごはんも考えてみては」と先生からお話があったので
おうちへ帰ってから ぐーぐーとイビキをかいて寝てるさおちんの横で
IMG_8459.jpg

すぺしゃるリゾットをコトコトしました。

IMG_8454.jpg
冷凍する分は、ミキサーにかけず そのまま普段のごはん用に。
IMG_8455.jpg

練習用の流動食は、1日分をミキサーでなめらかに。
IMG_8458.jpg
明日から 少しずつ さおちんと呼吸を合わせながら 
流動食の練習をしようと思います。

どんなに具合が悪くても 立って自分でお水を飲みたいさおちん。
口元に持って行っても絶対飲まない気高さ^^;
上手く行くと良いのだけどなぁ…

 

 

2017年9月27日(水)

 

最近は、再び2階の寝室で一緒に眠ることになったさおちん。

本当は、いつもの1階のバックヤードのスペースが大好きなさおちんなので、

かなりの不満顔だったけれど

食べないから排泄のタイミングが掴めないし

自力で起立姿勢は少し取れるようになったものの 

自ら後ろ脚を使って立ちあがることは まだまだできず補助が必要。

この暮らしにまた慣れてもらわなくては。
 

 

今朝は少しお腹ピーで、リハビリ歩行練習の時にしてくれました。
やっぱり最近、飲水量が多いせいもあるのかな。
食欲もないから食事内容も大きく変えたけど、それももう少し工夫が必要だな。

チッコは、若干タンパクが高め。PHは正常値。潜血なし。
 

 

「はふう〜、今朝も てちてち がんばったぞ。」


 

 

「ちょっとだけ 左後足も動くようになってきたの。」



「突然 自分だけでは 起き上がれなくなったけど、」


「さお。がんばってるのだ。にゃはっ。」


9月26日(火)

「ね。さお〜。」
IMG_9.26.jpg

「さいきん ごはん、ぜんぜん たべてないしぃ。」
IMG_8369.jpg

「ゆっさんといっしょに ガンバッテ たべるのだ。」
IMG_8370.jpg
「ねえねえねえねえねえ。」と頑張るも


    さお。反応なし。



   …ちーーーーーーん。
IMG_8366.jpg
ゆっさん。飼い主も「ちーーーん。」だよぅ。
毎日、メニューを工夫するのだけど
食欲が戻らず、食べてもひと口ふた口だけ。
気に入ったものが見つかっても2日は続かないという
何とも難しい状況になっています。
こんなにも嗜好が日々変わるなんて、老犬は本当に難しい。
でも、まだまだ飼い主は諦めないのだ。


2017年9月25日

さおちん。
朝から、ごはんも食べず 宇宙と交信中。
IMG_9.25 (2).jpg

「こーしん しゅーりょー したのら。」
IMG_9.25.jpg
さおちんの好きな食べ物探しに 毎日翻弄する飼い主です。

2017年9月24日

寝起きのさおちん。
今朝は上半身を、自分で勢いをつけて 
ほんの少しだけ起こせるようになっていました。
そこを見逃さず大慌てで、さっとムーミンを背中に押し入れて
身体を軽く持ち上げ 支えます。
IMG_9.24.jpg
う〜〜ん。良い感じです。
さおちんのお顔が、何だかすっごくしっかりしてきました。
あまり喜びすぎてはいけないけれど、ひと山超えた気がします。

あとは、食欲。
そして。まだまだうんちくんピーが続くので
今日からお腹ケアに新しい栄養素を足してみようと思います。
 

 

 

2017年9月21日(木)

ストレッチやお灸、リハビリ。そしてせんせの鍼治療の効果なのか
だいぶん、お顔がしっかりと戻ってきたさおちん。
IMG_8222.jpg

補助ハーネスを着けているけれど、
昨日から徐々に 私が支えなくても 立ち上がりさえ手伝ってあげれば

フラつきながらも、ちゃんと自分で立つことが出来るようになって
IMG_8221.jpg

少しだけ てちてちと歩けるようにもなりました。


やっぱり 身体の右側は少し不自由があるけれど、ここ数日の中では
一番調子が良さそうです。
ゆっくりゆっくり リハビリしていこうね。
少しずつでも動くこと、動けることは、
笑顔でイキイキ過ごすためにも
とっても大切なコト。

おなかピーピーもようやく治ってきました。えらいゾ、さおちん。

お部屋でのさおちんの 「ゆっくり くるくる」の様子を動画で撮りました。

よいしょ。よいしょ。
がんばってる さおちん。

くるくる前のさおちんも またかわいい。


2017年9月20日(日)

朝、ふと さおちんを見ると
こんなところで ぐーぐー寝てました。
IMG_9.20.jpg
さおちんってば、どうやって入ったの?ふふふ。

2017年9月20日(日)

さおちんの身体が急にこんな状態になるとは思っていなかったけれど、
今後の老犬生活に備えて、車いすの練習もしなくては。と考え 
早めの歩行器を2週間前にフルオーダーしていました。
本当にベストなタイミングで、送ってもらえました。

やっぱりちょっと右側に傾いてしまうのだけど、
IMG_8210.jpg
乗り心地は、とても良さそうで、乗ったまま
ウトウトしていました。
IMG_8211.jpg
起立姿勢をとる。ということを さおちんが、忘れてしまわないように
ごはんのとき、お水を飲むとき使うことから試していこうね。

2017年9月20日(日)

横になっていた さおちんが、また「立ちたい」と

足をバタバタさせ始めたので
いつものように腰を持ち上げて立たせて 

右側に倒れないように支えようとしたら…


なんと!

ふらつきながらも

ちゃんと自分で起立姿勢が取れている!

脚がへたることも、垂れ込むことも 

バランスを崩すことなく、

ちょっとぷるぷるしながらも シャン!と立ってる。

嬉しくて、せんせに連絡したら

「脳機能の回復 早っ!反応も復活も早いねぇ。」と
すごく驚いてもらいました。

 

すごいね、さおちん。すごいじょ。

「じーーーーーーーーーーー。」
IMG_8165.jpg

「ろーけん すとーきんぐ さおの ふっかつでちよ。むふふ。」
IMG_9.20 (2).jpg

…嬉しい。さおちんと ここまで 戻って来れた。

またこれからも、リハビリがんばろう。
あとは、さおちんの食欲が上手く戻るように工夫をしていこう。


2017年9月19日(土)

 

緊急でせんせに往診に来てもらいました。
 

左半身が動かず、自力で立てず 右に傾くさおちんを見て、

「あぁ。これはやっぱり多分そうだね」と

互いに顔を見合わせ頷き合う。
IMG_8172.jpg

 

「うちにきてからのこれまでずっと2年半。

心臓ばっかり気にしていたんだけど、まさかの頭かぁ」と、
ボソッと つぶやく私に
IMG_8169.jpg

「でも、ほら。まだやれることあるからさ。」と励まされて落ち着く。

IMG_8184.jpg

 

痛がることすらない 動かないさおちんの左足。

IMG_8185.jpg



さおちんの大好きなスープを作ったよ。
IMG_918.jpg
起っきして 少しでも食べよう。

飼い主が身体を支えるから
ゆっくり ゆっくり
食べようね。
IMG_8150.jpg


9月18日(金)

この日は、2階の寝室の中を行動制限するための細かな準備が間に合わず、
さおちんと ゆっさんには、1階で眠ってもらっていました。


…朝起きたら、さおちんがウンチまみれの床の上で 
普通の顔をして すやすや眠っていました。

瞬間。私は、思考が停止し言葉を失ってしまいました。
 

あぁ。さおちゃんは、いよいよなんだ…。 
とうとう ここまで来てしまったのだ。と そう思いました。


夜中に2回、様子を見に来た時のさおの様子は、

落ちついて眠っていたし 大丈夫だったから。と
3回目の様子を見に行くことをやめて、眠ってしまった私は、うんちまみれのさおちんを
初めて目の当たりにして、何とも言えない気持ちになってしまいました。
「ごめんね、さおちん。ごめんね、気持ち悪かったよね。ごめんね。」と

謝りながら 汚れたさおちんの身体を 抱っこしながら キレイに洗って
クッションマットもお布団もキレイに洗って掃除しました。


うちに来てからのさおちんは、特にキレイ好きになって、
自分の排泄物を嫌っていつも逃げていたのに、この日のさおちんの後足には、
あり得ないくらいウンチがめいっぱい付いていました。


ウンチをした後、尻もちをついてしまって、慌てて立とうとしたけれど立てなくて、
焦って動こうと後足を一生懸命に使っているうちに いっぱいウンチを踏んでしまって、
そしてそのウンチで脚が滑ってしまって身体全体が横に倒れて、

更に起きようとしてジタバタするけれど でも動けなくて…

そのまま力尽きて ウンチまみれのまま 眠ってしまった。という感じだったのかな。
 

さおの行動を 深く 細かく分析する程に、
切なさと 申し訳なさでいっぱいになる。

 

ごめんね。の気持ちでいっぱいになる。

 


なるべく排泄のコントロールが出来るように、ケアしていかねば。

*:..。o○

食欲がない さおちんにお薬を飲ませることが
いよいよ本当に難しくなってきました。
IMG_8056.jpg
さおは、食べたくなくて顔を背けるけれど、
「大事な心臓のお薬だから これだけは しっかり飲もうね。」と励ます。
IMG_9016.jpg
眼がうつろで、いつものさおちんではないみたいだ。
IMG_8057.jpg

後ろだけでなく、前肢も踏ん張りが効かなくなった今のさおちんには、
身体全体を支えられる補助ハーネスが、合うようです。
IMG_8058.jpg


さあ。
少しずつでも食べようね。
IMG_8111.jpg
ぱくぱくしたら 少し休憩をして
IMG_8103.jpg
またがんばろう。
IMG_8104.jpg

少しずつ

少しずつ

IMG_8107.jpg

ゆっくり 生きていこう。

IMG_8106.jpg

9月17日

ほぼ横になったままの暮らしになったさおちん。昨日から食欲がなくて
唯一食べるのは、ポークバーグだけ。
それも手から少しずつ口元に持って行って やっと食べる。という感じ。

優音の時に、作って頂いた補助具を出して さおに使ってみることに。
「よいしょ。」と持ち上げると立ち上がれるのだけど
IMG_8011.jpg
すぐに身体全体が右に傾き体勢が崩れ、前側から
ふにゃふにゃになって倒れ込んでしまいます。

支えがあっても 
立つことも 
歩くことも出来ない状態で
ほぼ寝たまま。

IMG_8017.jpg

午後に届いた、補助ハーネスも試してみることに。

少しずつ立つ練習をがんばりたいな。
 

☆。,:*:・'

昨日から、さおちんにお灸と足のストレッチをすることを
始めました。

さおちん。
IMG_8117.jpg
ほんわかして きもちい?
IMG_8121.jpg

さおちんの可愛い大事な右足も
たくさん いいこ。いいこ。
IMG_8124.jpg

また元気になって、「こんなおっきなパン食べたいよぅ」って
いつもみたいに いっぱいおねだりしてね
IMG_8128.jpg
また さおちんが 笑顔で歩けるようになりますように。
そのためなら、飼い主は何だってするからね。



犬「このごろ便り 1」は こちらから。

犬「このごろ便り 3」は こちらから

 



calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

categories

selected entries

Pet Care Station*

♪♪営業日カレンダー♪♪
script*KT*

『すべてのわんちゃんに安全なケアをしてあげたい。ただ外側からケアするのではなく内側からも美しくありたいわんちゃんのサポートをいたします。』
当店は、犬のトリミングと雑貨・フード販売のみのショップです。 

●Pet Care Station*は、子犬(子猫)の
生体販売・生体繁殖・生体販売に伴う仲介等は一切致しておりません。
☆。.*・’
犬猫たちと出逢って知った命の輝きを みなさまへお伝えできるよう心から願いつつ、「シアワセの種まき」日々実践中です♪私たちが、そぉっと大切に蒔いた種が少しずつ芽を出して、やさしくて大きな笑顔の花を咲かすことができたらいいなぁと思います。
みなさまと愛犬さん&愛猫さんの心の中に ぽっとやわらかな灯りが点りますように



**どうぶつかぞくたち**
s-kako-btg3kk6K3hKrDxJe.jpg
☆優月(ゆづき)☆
2014年4月18日生まれ(推定)の
雑種の三毛の女の子。
趣味:咲桜のごはんを横取りすること。
*☆*:.。.*.。.:*
6匹兄妹の野良猫の子として生まれました。 いたずらっこの甘えん坊。 日々、いろんなものをせっせと破壊しながら毎日、元気に楽しく暮らしています。いつも「ゆっさん」と呼んでます♪鼻にちょこんとついた黒い柄がチャームポイント。 「にゃあ」ではなく「ノォォォー」となくツワモノです。


優月と家族になって


s-kako-SiMS2xfjDnnbqUiY.jpg
☆咲桜(さお)☆
2002年3月10日生まれ(確定)の女の子。
趣味:帰る人を引き留めること。
*:.。*.:*☆*
高齢期に入ってから家族を失った咲桜を心温かい動物病院の先生方が約3か月間大切に保護してくださり、その後 私の元にやってきました。12歳8か月で我が家に舞い降りた愛らしいシニアわんこです。これから元気なスーパー幸齢犬を目指すべく暖かで心地よい陽だまりのような日々を送ります
上の画像は、保護先の先生が撮ってくださったもの。私が知ることのできる一番若い咲桜の大事な写真です^^

咲桜と家族になって

konogprp.jpg
さおちんとの宝物作り
 始めました。

犬このごろ便り 3

犬このごろ便り 2

犬このごろ便り 1

光の国の子たち



☆SAKU(本名 さくら)☆
ヨークシャーテリアMIX?女の子。
推定年齢7歳で我が家に舞い降りた天使です。共に暮らした11年という時間の中で命を見つめることの意味や介護について身をもって私に伝えてくれました。 SAKUが教えてくれた温かいオモイを必ず「これから」に繋げていきます。

 2012.12/31
SAKUらしい花を咲かせながら
穏やかに ゆっくり のんびり
お空へと旅立ちました。
  
享年 17歳9ヶ月と28日 

kako-bOpUGtx11dn8OreT.png

 
星のやくそく

kako-GrgcGE3yr2kkhpnm.png


1月9日。オモイのカタチ

kako-3CBTY8pdupqIsI6I.png

 また次の春へ




☆ICHI(本名 いちご)☆ 
積み重ねてきた16年間も 余命を告げられてからの約1年10ヶ月も、その全てが喜びと幸福と感謝に包まれた夢のような時間でした。いちごいちえのいちごちゃん。光の国でもひときわ輝く星でありますように。いっちゃんは私にとって永遠の愛おしい幸齢猫です。
 


2014.4/12   
桜の花びらがひらりゆらり   
  風に踊るやわらかな春の日   
SAKUたちの住む
光の国へお引越ししました。
  
享年 16歳2ヶ月と26日


クローバー心のそばに。クローバー
(2014.5/2)


*いっちゃんの頑張り日記は、死への記録ではなく「生」の記録です。いっちゃんの懸命に生きる姿を綴りました。きれいな所だけ切る取ることなんかできない、どれも大事で全部忘れることができない私たちを作ってきた想い出の欠片たちです

 いっちんの頑張り日記〜最終章〜
(2014.5/1)


s-kako-QjRdCjG26wEj2Tqx.jpg
いっちんの頑張り日記〜第12章〜
いっちんの頑張り日記〜第11章〜
いっちんの頑張り日記〜第10章〜
いっちんの頑張り日記〜第9章〜
いっちんの頑張り日記〜第8章〜
いっちんの頑張り日記〜第7章〜
いっちんの頑張り日記〜第6章〜
いっちんの頑張り日記〜第5章〜
いっちんの頑張り日記〜第4章〜
いっちんの頑張り日記〜第3章〜
いっちんの頑張り日記〜第2章〜
いっちんの頑張り日記〜第1章〜



☆優音(本名 ういん)☆
ワイヤーフォックステリアの女の子。
当時9歳5ヶ月という年齢で多くの疾患を抱えたまま飼育放棄され 2007年8月9日に私たちと出会い、大切な家族となりました。
大きな心の傷・たくさんの病気に立ち向かい家族みんなで懸命に戦いました。
「いつもどんな時も笑顔でいること」の大切さを今も尚 毎日私に教えてくれる
愛おしい愛おしい我が子です。
 
優音は 2011.1/9
お空へと旅立ちました。
  
享年 12歳10ヶ月と6日 


優音への最後のプレゼント

kako-GT0QyClu6mbQaPB0.png


優しい音


 優音との約束


kako-Mi4nh1XPnKB5riAR.png
kako-V0WnjBQJ8QzKyyBA.png 

kako-HCHcN84kI8d5tMkk.jpg





桜桜桜
我が家のどうぶつ家族のこと。
桜桜桜



kako-7K9WCtxqQQefPl0I.jpg

s-059.jpg

s-042.jpg


s-043.jpg

s-20140303_1054180.jpg

s-001.jpg

 

pcs3.jpg

滋賀県野洲市にあるペットグッズと雑貨の 小さなお店です。
〒520-2343
滋賀県野洲市大畑9-11
営業時間
10:00〜18:30
定休日 木曜日・毎月15日
(諸事情により変更あり)
TEL 077-518-0661
HP http://petcarestation.com/

おすすめ書籍

*:.。*.:*☆*


保護犬、保護猫の譲渡 里親マッチングサイト Veterinary Adoption

links

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM